海外旅行者が過ごしやすい環境にするための電気工事について

テレビアンテナ工事を依頼する前に電気工事業者に確認しておくべきこと。

テレビアンテナの取り付け工事には専門の資格が必要!

電気工事の中でも、テレビアンテナの工事に関しては特殊な資格が必要になります。どんな資格なのか詳しく見ていきましょう。

業者が語る!~テレビアンテナの工事~

テレビアンテナの取り付け工事は電気通信工事の一種です(40代/男性)

ひとことで電気工事と言っても、その資格は28種類もあります。持っている資格によって、施工可能な工事も異なります。電気工事業の資格だけだと、エアコンと電気配線の工事しか行なえません。つまり、アンテナ工事は専門外なのです。テレビアンテナの工事をするには電気通信工事業の認可が必要になります。専門の資格を持つ業者に工事をしてもらうことで、安全・確実にテレビアンテナを設置してもらえますよ。

やはり民泊するにしてもテレビがないと旅行者も退屈してしまいます。テレビアンテナの工事にはちゃんとした資格が必要です。業者が持っている工事関連の資格を事前に確認してから依頼するようにしましょう。

テレビアンテナを取り付けるなら電波調査が必要

せっかく民泊施設にテレビアンテナを設置したのに、電波が受信できないエリアだったら工事をした意味がありません。そうならないためにも、事前の電波調査をおすすめします。

電波調査の必要性

作業員とアンテナ

テレビアンテナは、民泊施設のあるエリアや建物の条件によって電波の受信状況が異なります。テレビを見るためにはアンテナで電波を受信しなければなりません。民泊施設のエリアの電波状況を確認し、ちゃんとテレビを見れる環境なのか調査しておくことは大切なことです。

プロが行なう電波調査の内容

現地を訪問
民泊施設で電波調査をするために、スタッフが派遣されてきます。電波調査では電波診断や環境診断を行ない、電気工事の見積もりを作成してもらいます。電波調査は無料で行なえるので、業者に問い合わせてみるといいでしょう。
適切な環境調査を行なう
周辺に電波を遮るようなものがあると、電波の受信が不安定になってしまいます。業者は周辺の環境もしっかりと調査してくれるので安心です。環境によっては使用できないアンテナもあるので、それについてのアドバイスもしてもらえます。
TOPボタン